« 2007年05月 | 新着情報TOP | 2010年01月 »

2007年06月 アーカイブ

当館における安全対策について 気水分離装置

2007年06月20日

 19年6月19日に起きました東京渋谷の温浴施設にて爆発事故が発生し、お客様より当館におけるボイラーの安全性のご質問、ならびにご不安のお問い合わせがございましたのでご連絡いたします。
 通常ガス対策には屋外開放や貯蓄利用を取っている施設が多数存在しますが、当館施設では源泉を汲み上げる際、発生しているメタンガス(関東南ガス田と比較すると極端に微量)等の可燃性ある天然ガスは気水分離機と言う装置によって水と無害の気化ガスに分離し大気開放しております。そのため機械室等の室内にガスは溜まる心配は一切ございません。 なお万が一微量のガスが存在したと致しましても、機械室には放散換気装置を設けておりガス対策への二重対策を採っております。 お客さまへの安全対策は万全に行なっておりますのでご安心くださいませ。
 ご質問等がございましたら担当の係りのものがお答えいたしますのでお気軽にお尋ねください。