天山の湯ご紹介

  • 効能
  • 足湯
  • 炭酸泉
  • 料金表

効能

湧き出す天然温泉

 地下1200mより湧き出る源泉は、京都盆地では初めての「ナトリウム・カルシウム塩化物泉」であり、海から離れている温泉には珍しく海水(19000ppm)に近い高濃度の泉質(9146ppm)が確認されております。なお当温泉には、療養泉とされる温泉の基準値(1000ppm)の9倍にあたる塩素イオン濃度(9146ppm)が確認されており、各種効能を持っている療養温泉となっております。
 一般的に温泉とは、温泉法に伴い必須物質19種の成分の中から1種以上含まれているか、溶在物質が規定量以上含まれているもの、または25度以上の鉱水・温水のことを言います。天山の湯(源泉)には必須物質6種類が溶け込んでおり、摂氏31.3度の天然温泉です。

泉質効能(ナトリウム・カルシウム塩化物泉)

 当温泉の泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉といい、ナトリウムイオン(3212mg)とカルシウムイオン(912mg)が多量に含まれています。ナトリウムイオン・カルシウムイオンは皮膚表面上で皮脂(カルボン酸)と反応し、カルボン酸ナトリウム・カルシウム塩を形成します。カルボン酸ナトリウムとは界面活性剤であり、一般的に言う「石鹸」の作用があります。その作用は皮膚にすみずみまで浸透し汚れをはがし、乳化作用もあるので肌が「しっとり」とします。カルシウム塩には「ベビーパウダー」と同様の作用があるため「すべすべ」とした肌触りになります。

足湯

源泉足湯

 さがの温泉天山の湯の自慢の湯が、カジュアルな足湯に登場。ナトリウム・カルシウム塩化物泉の贅沢な足湯は天山の湯ならでは。お連れ様を待つ間や、少しの時間で休憩する場合にピッタリです。

セラミック足湯

 特殊セラミックボールが放つ遠赤外線効果により身体の芯から温まります。デトックス効果やエコノミー症候群の予防にも役立つとも言われ、冷え性やむくみにも効果的であると言われています。目安時間は15〜20分間が最適です。

炭酸泉

炭酸泉とは…

 炭酸ガス(二酸化炭素)がお湯に溶け込むことにより、二酸化炭素水を作り上げます。その二酸化炭素が俗に炭酸泉と呼ばれ、入浴した際に身体中に泡が付着するお湯で、温泉水1kg中に遊離炭酸1000mg以上含むものをいいます。 
 炭酸泉は心臓に負担をかけずに血液の循環をよくすることができることから、ドイツでは「心臓の湯」とも呼ばれており、ヨーロッパでは療養泉として、主に心臓病や高血圧症の治療に利用されてきました。
 炭酸泉の一番の特徴は、皮膚の血管を拡張させる作用です。炭酸泉浴を行うと、2〜3分で浸けた部分が赤くなり、外に出ている部分ははっきりと境界線ができます。赤くなった部分は、皮膚に近い毛細血管や細動脈に炭酸ガスがしみ込んでいき、毛細血管を広げ、血液の循環がよくなっているということです。

炭酸ガス濃度1000ppm以上の温泉→療養効果のある炭酸温泉

 高濃度(1000ppm以上)炭酸泉は療養泉として認められ、医療機関でも血行改善や自律神経への働きかけなど、さまざまな効果が確認されています。

炭酸泉入浴の注意

過度の体温上昇・発汗・脱水・高炭酸ガス血症、低血圧症、心疾患(心不全症)、立ちくらみのする方

 当店の炭酸泉は、天然の炭酸泉に近づけるために天然温泉と人口炭酸を混ぜております。「熱の湯」と呼ばれる天山の湯の天然温泉で、「心臓の湯」と呼ばれる炭酸泉を作ることにより相乗効果が生まれ、一層保温効果が高まります。なお、炭酸泉は通常の温度より2〜3度低い38度に設定しています。それでも十分に温まるのは、炭酸の効果によるもの。湯温が低い為、心臓への負担も少なく、長く入っていても疲れないのも特徴です。ごゆっくりとお楽しみくださいませ。

料金表

大人

一般 1,050円
一般会員 950円
KYODOカード会員 750円
一般会員入会金 200円

小人

4才〜小学生 500円
3才以下 無料

レンタル

タオルセット 200円
館内着 300円
館内着+タオルセット 350円

●食後でもリラクゼーション後でも、何度でも再入浴できます。

ご入館に関して
  • ①大小に関わらず入れ墨、ボディアート(タトゥー、ペイント、シール等)のある方、並びに泥酔の方の入館は固くお断りしております。万一入館された場合は退館していただきます。
  • ②皮膚疾患、その他伝染病の恐れのある方のご入館はお断りしております。
  • ③暴力団並びにその関係者の方のご入館はお断りします。
  • ④ペット類の入館はご遠慮下さい。
  • ⑤当店として不適切とみなした方は、入場をお断りする場合があります。